Blog

バッテリー交換の目安に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 皆様こんにちわ。Iphone修理工房 原宿竹下通り店です。

iOS11.3からご自分のバッテリーの健康状態を伝えてくれる機能をご存知ですか?

1、バッテリーの状態をチェック

このバッテリーの健康診断、

設定→バッテリー→バッテリーの状態(ベータ)で見ることが可能です。

 これは私のIphone6なのですが、バッテリー交換したばかりなので、最大容量が100%となってます。

そして、ピークパフォーマンス性能も正常です。

この機能、iOS11.3以降にアップデートされたIphone6 6plus SE 6s

6splus 7 7plusのみで表示されます。

Iphoneに搭載されているバッテリーは、通常の利用方法で使用した場合、フル充電を500回繰り返した後も本来のバッテリー容量の最大80%を維持するように設計されています。

 しかし、バッテリーが劣化してくると、このピークパフォーマンス性能が管理されてしまいます。

2 バッテリーが劣化すると起きること

 バッテリーの劣化が進むとバッテリーのピーク電力が低下します。特に充電残量が少ない、寒冷地の使用などで、Iphoneの強制シャットダウンが発生することがあります。そんな時に、ピークパフォーマンス性能が管理されていると、シャットダウンを防ぐために、自動的に起動に時間がかかったり、バックライトが暗くなってしまったりと、Iphoneの機能を低下させます。

 自分で、この機能を無効にすることもできますが、一度でも強制シャットダウンが起きてしまうと、また勝手に入る仕組みになってます。

 そうなってしまう前に、バッテリー交換がおすすめです!

 一番は自分の体感でバッテリーの減りが早いと感じた時が交換のタイミングですが、このバッテリーベータも一つの目安としてみて下さい。

 まとめ

1、バッテリーの状態をチェック

2 バッテリーが劣化すると起きること

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30