Blog

画面がつかない!?原因とその5つの対処法 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

急に画面がつかなくなった!iPhone修理で多い修理依頼は

主に画面割れかバッテリーの修理です。

 

「落とした時に画面が割れて電源がつかない」はおそらく液晶不良といわれる症状で

フロントパネルを交換するとその症状は改善されます。

この症状なら、皆さんも原因は落下によるものだとわかるはずです。

 

 

しかし、修理依頼では急に画面がつかなくなったと原因がいまいちわからない症状も少なくありません。

 

 

今回はそんな症状の考えられる原因をご説明します。

 

画面がつかない!その原因は

1.充電切れ

 

iPhoneは充電が切れると、充電がなくなりましたとイラストで表示します。

しかしこの表示が毎回出るという風に思いがちですが、くまれに表示されないこともあります。

 

充電がそろそろなくなるな、と思いながらカバンの中に入れたままで

通信量や設定の関係で気が付かないうちに表示する電力がないということもあります。

 

水没させたあとでなければ、まずは充電器につないでみましょう。

 

 

2.液晶不良

 

これは主にiPhoneを落下させてしまった後に起こる症状です。

画面はヒビ一つ入っていない、割れていないのに画面がつかない。

そんな時はこれが原因のことが多いです。

 

iPhoneの画面はガラス、液晶、プラスチックが密接にくっついて成り立っています。

落とした衝撃で、ガラスが割れていなくても液晶が衝撃を受けてつかなくなってしまうことがあります。

 

 

これを解消するには、修理以外ありません。

またこの場合、なんとなく画面が明るかったりぼんやりと電源がついているのがわかる時もあります。

 

 

3.水没

 

画面が真っ暗。水没の心当たりのある方はこれが原因かもしれません。

水没した後は通常通り使えていても、時間がたつにつれて中が錆びたり…。

 

水没をして中まで浸水がひどい状態で電源をつけると

画面と基盤を結ぶ端子がショートすることも考えられます。

 

 

落として画面がついていなかったら慌て電源をつけずに速やかに修理へ出しましょう。

 

 

4.起動不具合

 

iPhoneは電話ができて、メールができて、写真、ゲーム、地図。

様々な分野で大活躍なわけですが、iPhoneはもはや「携帯電話」という枠ではありません。

電話ができる小さなパソコンだと思ってください。

パソコンを使っていれば、起動までに時間がかかったり使用中にフリーズしてしまうことありますよね。

 

iPhoneを落とした心当たりも、水回りで使ってもない!という方は軌道に不具合が出ている可能性があります。

そんなときはiPhone6🅂シリーズまでならホームボタンとスリープボタンの長押しを。

 

iPhone7シリーズ以降は、ホームボタンとボリュームダウンボタン長押しを試してみてください。

 

この方法さまざまな場面でちょっと調子が悪いなと感じた時に役立つので覚えておくと便利です。

この作業は強制終了ですので、この方法でつくことも多いです。

 

試す価値が大いにありますのでぜひ!

 

5.更新または復元必須

 

これまでに書いてきた中のどの方法を試してみても何をしてもだめだ、という方で

パソコンからiTunesにつなげるのであれば、更新または復元を試してみてください。

 

ですが重要なことは、更新(バックアップ)をしてもiPhoneのデータは飛びません。

ですからiPhoneだけでは取り除けなかった不具合を、iTunesを使って取ってあげるイメージです。

しかし復元は中のデータがすべて消去され、工場から出荷した状態になります。

みなさんの手元に新しいiPhoneが来た時の状態です。

iCloudやiTunesにバックアップを取っていれば、取っているところまでのデータは復活しますが取っていなければ、戻ってくることはありません。

 

 

ちなみについ先日この状態になりました。。。

電源をつけようと起動かけてみたところ、リンゴマークがでて2~3秒で消える。

 

そして画面が真っ暗だけど明かりはついている状態でした。

新しい画面に変えたりもしましたが、基盤が弱っているせいなのか何なのか。

復元でiPhone自体は復活しましたが、データとはさようならです…。

 

 

このような症状は、iPhoneとパソコンをしてアップデートをかけている最中に

ライトニングケーブルから無理やり抜いてしまったりしても起きるそうです。

 

 

復元は最終手段と考えて、何度かアップデート(更新)を試したほうがよさそうです。

 

 

また、iPhone5sが2件くらい修理不可な状態を見ています。

使わないけどデータだけ抜きたいと思ったら、電源がつかなくて…。

この症状に関しては画面を交換してもバッテリーを交換しても解決せず

更新もかけましたがエラー連続。ここまでくると復元なのですが、それではデータが抜けないので

修理不可でお返ししましたが…。

 

端末によってはそのような場合もあるのです。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

iPhoneの画面がつかなかったとき、iPhone修理サロンでは様々な経験からいかに修理費用を抑えて、

快適にiPhoneを使っていただけるようにできるかを考えています。

 

そしてiPhoneの症状で修理の方法を判断していきます。

 

お客様がiPhoneを持ってきたときは、恐らくiPhone、データ、費用、時間等の不安でいっぱいですよね。

正しい知識から、お客様のしっかりと説明し理解をいただいでから修理させていただきます。

 

もちろん修理が必要なのかわからない症状でも、ぜひお問い合わせくださいませ。

 

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30