Blog

iPhoneのカメラ機能について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

1.3枚の写真の良いとこ取りで最高の1枚に仕上げる『HDR』

『HDR』とは、High Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)の頭文字。露出の異なる写真を同時に3枚撮り、それぞれの良い部分だけを合成して1枚に仕上げる技術です。

 

 2.フラッシュライトの「自動・オン・オフ」を好きな状態に設定

暗い場所ではフラッシュ撮影が活躍しますが、必ずしも必要とは限りません。暗くてもフラッシュを使いたくない、逆に明るい場所でもフラッシュを焚きたいときは⚡︎をオンにすると常にフラッシュを焚くことができます!

3.動く被写体のベストショットを。バーストモードで連写撮影

動きのある被写体を撮影するときは苦労しますよね。

 そういう時に使うのが「バーストモード」です。画面の撮影ボタンを長押ししてみましょう。

普通のカメラならカメラロールが大量になりますがこれな一つにまとまるので便利です。

4.色々なシャッターの仕方

写真を撮るときは音量のボタンでもシャッターをきることができます。

横持ちで風景などを撮影する時はデジカメのように構えられるので、こちらも手ブレを抑えて綺麗に撮影できます。

また、標準イヤホンのコードについている音量ボタンでも同様に撮影可能。三脚にセットするなどして使えば、リモコンがなくても引きで自撮りできるわけです。

5.標準カメラでも加工・編集は可能!

もちろんフィルターもアリ! 細かく調整できる写真編集機能

カメラアプリは撮影と編集機能を兼用したものが多いですが、iPhone標準カメラにも編集機能は備わっています。

 

6.まるで動く写真。3秒間の動画と静止画を保存する『Live Photos(ライブフォト)』

撮影方法はごく普通にシャッターを切るだけなのですが、撮影の前後1.5秒、つまり合計3秒の動画も保存してくれるのです。

音声も保存されます。ほんの3秒の動画ですのでファイルサイズがそこまで重くなることもありません。

まとめ

1.3枚の写真の良いとこ取りで最高の1枚に仕上げる『HDR』

 2.フラッシュライトの「自動・オン・オフ」を好きな状態に設定

3.動く被写体のベストショットを。バーストモードで連写撮影

4.色々なシャッターの仕方

5.標準カメラでも加工・編集は可能!

6.まるで動く写真。3秒間の動画と静止画を保存する『Live Photos(ライブフォト)』

 

 

 

意外と知られていないiPhone標準カメラの素晴らしさ、わかっていただけたでしょうか?

確かにキラキラしたフィルターや、可愛いスタンプ、美白といったような加工は他のカメラアプリに軍配が上がります。しかし、写真を撮影するという純粋な機能に関しては独自機能も満載で、とても優秀だと思います。

活用しないのはもったいないです! 今一度、標準カメラの凄さを見直してみてください。

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30