Blog

iPhoneの悩み。たった3つの方法で容量不足から解放される♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

〇容量が小さいiPhoneだと容量不足に陥りやすい

iPhone6だと最小容量は16Gがあります。
Androidと違いiPhoneはSDカードの挿入が
出来ないため、本体容量だけで賄わなくてはなりません。

 

写真に音楽に動画にと、iPhoneにはデータがたまりがちですよね。
最新の機種になればなるほど、取り扱うデータのサイズも上がっていますし、
iPhone 6s、6s Plusからは1200万画素と、デジカメ並みです。
そのため写真1枚1枚のデータサイズもアップしてしまうというのです。

動画だと4Kで撮影できる機能も増え、このような使い方をしているとiPhoneはすぐに
容量がいっぱいになってしまいます。

 

使用量が多くなってきてしまい、空きの量が少なくなってしまうと動作が遅くなったり、起動に時間がかかったりしてしまいがちです。

 

今回はそんな悩みを解決できる方法をお教えいたします!

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

1不要な写真は一括削除する

 

iPhone 6s、6s Plusのカメラの画素数は1200万画素。1枚撮るだけで、
データサイズは2メガバイト(MB)を超えることもあり、100枚で200MB、1000枚で2GBにもなってしまいます。

1-1写真アプリのHDRをオフにする

 

 

iPhoneの標準カメラアプリの「HDR」という機能をご存知でしょうか。

この機能は撮影した写真を自動で補正してくれる機能です。
ですがそのためHDR写真と補正写真の二枚が同時保存されます。
オフにしていれば一枚分の容量で済みますね。

 

1-2パソコンのクラウドサービスを利用

パソコンに全て保存してしまい、iPhoneには
できる限り写真を残したくない場合はこの方法が
有効だと思われます。
また、LINEのアルバム機能を使用すれば
「写真」アプリの画像を削除してしまっても
LINEのアルバムには保存されているため、
本体容量を空けるために有効的です。

 

 

2「設定」からいらないアプリを一括消去

使っていくうちにいらないアプリがいっぱいホームに溜まってしまった。

という経験はないでしょうか。
なかなか「また使うかも」と常駐させてしまうよりは一旦消してしまいまた、
必要となったときインストールしてはいかがでしょうか。

有料アプリでも一回インストールした物は
同じapple IDであれば無料でインストールすることが出来ますよ!

こちらからストレージを、確認すれば
容量が多い順にアプリが並んでいますので
上から順にいらないアプリをアンイストールすれば
空き容量アップにつなげることが出来ますよ!

 

 

3溜まったキャッシュをこまめに削除

 

iPhoneのアプリには、本体とは別に、データをキャッシュ(ためる)しておく仕組みがあります。

わかりやすく言えば、Twitterアプリだと、本体はTwitterを閲覧するためのもので、
各ツイートや写真などはキャッシュとなります。

 

Safari内に溜まった履歴、リーディングリストの削除も容量を空けるのに若干ですが効果的です。

アプリによっては設定から削除が行えないものも
ありますのでそれは
アプリをアンイストール

インストール
をすればキャッシュの削除が行えます。
(アプリ内のデータ削除に注意)

 

 

<まとめ>

①不要な写真は一括削除

②「設定」からいらないアプリを一括削除

③溜まったキャッシュをこまめに消去

 

 

今回はこの3つを紹介しました!
他にも色々試してみると容量あけるうえで効果的なものが見つかるかも知れません。

容量の少ないもののほうが端末の料金は低価格で抑えられますが、音楽や写真、動画を思いっきり楽しむ。

または、iPhoneを長く使いたいという方は容量の大きいものを購入することをお勧めします。

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30