Blog

iPhoneのカメラがおかしい?その原因と対処法を知りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneは世代が新しくなるごとに画質がより綺麗になり、デジタルカメラと引けを取らないほどにクオリティがアップしています。またSNSを利用する人にとっては手軽に撮影ができてiPhoneにとってカメラ機能は必須ですよね。

そんなiPhoneですが、もし万が一故障してしまったら…

今回はその原因と対処法についてご説明します。

 

iPhoneのカメラに異常

1:撮影した写真がぼやける

iPhoneにカメラのレンズはアウトカメラとインカメラの二つがあります。特にアウトカメラはiPhoneの背面にあり、レンズが少し出っ張っています。そのため、机などに置いた際汚れや傷がつきやすいです。

レンズが汚れている場合は、乾いた布やティッシュなどで掃除しましょう。

また落とした衝撃などによって傷がついた場合は修理が必要です。

 

2:容量によるフリーズ

これはiPhone自体の容量が重たくなっていると起こりやすいトラブルです。iPhoneはパソコンのように、容量が重たいとスムーズに動きづらくなることがあります。

必要ないアプリやデータを整理してみましょう。

また一時停止しているアプリ(マルチタスク)が多いとフリーズする場合もあります。

ホームボタンをダブルクリック(二回素早く)押すと表示されるので、上にスライドさせてしっかりと終了させましょう。

img_1301

 

このマルチタスクをこまめに消すだけで動きがスムーズになり、フリーズしにくくなることが多いです。

3:再起動を試す

先ほど提案したようにカメラのアプリをマルチタスクから終了させて、一度起動しなおしてみましょう。稀に出るバグなら再起動することで治ることがあります。

またiPhone本体を再起動してみるもの有効的です。

カメラのみで起こりうることではありませんが、スマートフォンは様々なアプリが同時に働いているので、カメラの再起動のみではバグがリセットできない可能性があります。そのため手っ取り早く本体のバグを取り除くために本体を再起動してみましょう。

 

 

iPhoneの再起動はスリープボタン(電源ボタン)を長押しするか、強制的に再起動をかける方法としてホームボタンとスリープボタンを同時に長押しです。iPhone7/7pの場合はスリープボタンとボリュームボタンの音量ダウン同時に長押しです。

iphone%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7

iphone%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%ef%bc%92

4:カメラ内部に異常

これらの方法を試してみても改善が見られない場合は、水没などで基盤や基盤とカメラを繋ぐ線にカビやサビなどが付いているか、落とした衝撃がひどいとカメラに関わる線が故障している場合があります。こういった場合は修理をお勧めしています。

img_0476

 

いかがでしたでしょうか。iPhoneは精密機械なため、壊れやすいものですが再起動などで治るケースもあります。

ちなみにiPhoneの容量の確認は『設定』→『一般』→『情報』で確認することができますよ!

まとめ

カメラ機能はiPhoneの機能の中でとても便利なものです。もしも不具合を感じたら

 

1:レンズの汚れや傷

2:容量の確認

3:再起動

 

を試してみてください。

それでも治らない場合は、Appleサポートに問い合わせてみるか、当店ではカメラの修理も承っているのでにお気軽にお問い合わせください♪

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30