Blog

5分でわかる!アクティベーションとは 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneに不具合が生じたり、下取に出す際に「iPhoneを探す」の機能をオフにする必要があります。

今回はそのやり方などをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

iPhone を探す機能

 

「iPhone を探す」には、「アクティベーションロック」という機能があります。紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、「iPhone を探す」をオンにすると自動的に有効になります。

「iPhone を探す」のアクティベーションロックが有効な間は、Apple ID とパスワードを入力しなければ、以下の操作を行えなくなります。

1「iPhone を探す」をオフにする

2データを消去する。

3再アクティベートして使用する。

 

 

これで、もしiPhoneが悪意のある第三者に渡ってもセキュリティが確保されるので、持ち主がiPhoneをを取り戻せる可能性が高くなります。たとえ持ち主が遠隔(リモート)でiPhoneのデータを消去したとしても、

第三者が持ち主の許可なしにデバイスを再アクティベートすることはできません。

この機能は、「iPhone を探す」をオンにし、自分の Apple ID とパスワードを覚えているだけで活用できます。

 

 

 

アクティベーションロックのしくみは?

iPhone で「iPhone を探す」を有効にすると、Apple ID が Apple のアクティベーションサーバに安全に保存され、そのデバイスにリンクされます。この時点から、だれかがデバイス上で「iPhone を探す」をオフにしたり、デバイスのデータを消去したり、デバイスを再アクティベートして使おうとするときにパスワードが必要になります。

 

 

 

iPhoneをだれかに譲渡する場合は

 

 

iPhoneをだれかに譲渡する前に「iPhone を探す」をオフにし、相手が問題なくiPhoneをアクティベートして使えるようにしておく必要があります。iPhoneを買取や譲渡する前に iCloud からサインアウトし、すべてのコンテンツと設定をデバイスから消去しておくことをお勧めします。そうしておけば、iPhoneのデータが完全に消去され、「iPhone を探す」がオフになり、Apple ID アカウントからiPhoneのデータが削除されます。

  1. 「設定」>「iCloud」の順にタップ

  2. 下にスクロールして「サインアウト」をタップし、もう一度「サインアウト」をタップ

  3. 「iPhone から削除」をタップし、パスワードを入力

  4. 「設定」に戻る

  5. 「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップ

これらの作業は下取りに出す際、必ず事前に行っておく必要があるので、覚えておきましょう。

 

 

Apple ID のパスワードを忘れてしまった

 

パスワードを忘れてしまった場合は、Apple ID のアカウントページでパスワードをリセットするか、Apple サポートに相談しましょう。

パスワードを忘れてしまい、パスワードをリセットすることもできない場合は、Apple ID にアクセスできなくなり、その結果、デバイスの使用や再アクティベートができなくなる可能性があります。これを防ぐには、定期的に Apple ID のアカウントページでアカウント情報を確認し、アップデートするようにしてください。

 

いがででしたか?このアクティベーションロックがかかってしまうと、IDのわかる人しか使えないのでしっかりと解除することが大切です。参考にしてみてください。

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30