Blog

iPhoneの安全性を高める初期設定4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はiPhoneを使う上で安全性を高める方法を
4つ紹介します!

iPhoneを購入したはいいけど、セキュリティ面を
向上したい。
他人にプライバシーを覗かれないためにも
iCloudや指紋認証、パスコード、ロック時間の設定など、安全にiPhoneを使うための重要ポイントをまとめました。

◯iCloudの設定

iCloudは、Appleが提供しているクラウドサービスです。
バックアップをとったり「iPhoneを探す」など、
緊急時に不可欠なサービスが含まれています。最初に必ず設定しておきましょう。

設定方法

img_1085

「設定」

「iCloud」

「Apple IDの新規作成」
によりまずはApple IDを作成しましょう。

これがなければアプリのインストールを
行うことができません。

Apple IDを作成したらApple IDと設定した
パスワードを入力し、「サインイン」を
行います。

iCloudを設定すると、「iPhoneを探す」は自動でオンになります。
iPhoneを探すでは、同名のアプリやiCloudのウェブサイトを通じて、同じApple IDでサインインしている端末の位置を地図上で確認できる機能です。
「iPhoneを探す」アプリの詳しい説明は
他の記事でも紹介していますので、
ご覧になってみてください。

◯指紋認証の登録

設定方法

img_1088

「設定」

「Touch IDとパスコード」

「指紋を追加..」
により設定可能です。

よく使う指を登録しておくと、いろいろな状況で指紋認証できて便利です。
指紋は5つまで登録できます。
こちらも他の記事で詳しく説明していますので
よかったらご覧になってください。

◯パスコードを6桁にする

設定方法

img_1088

「設定」

「Touch IDとパスコード」

「パスコードを変更」

OS 9以降ではセキュリティ強化のため、
パスコードが6桁に変更されています。
これまでは1万通りだったパスコードが
100万通りの組み合わせから設定できるようになりました!
これではコンピュータを使っても簡単には推測されません。
また、こちらも違う記事で詳しくご紹介しております。
「他人にバレにくいパスコード」の記事を
是非ご覧になって下さい。

◯自動ロックを30秒にする

設定方法

 

「設定」

「画面表示と明るさ」

「自動ロック」

iOS 9以降では「30秒」が選べるようになりました。
自動ロックまでの時間は短いほど、
他人に画面を覗かれる時間が短くなり、セキュリティ効果が上がります。
加えて節電効果も高く、バッテリーの持ちがよくなります。

<まとめ>

・iCloudの設定

・指紋認証の登録

・パスコードを6桁にする

・自動ロックを30秒にする

 

いかがでしたでしょうか。
これはあくまで初期設定なので
これよりも他にiPhoneのセキュリティを
向上する方法はかなり多いです。

また、セキュリティ面以外でも
iPhoneに関しての記事は本ブログで
沢山紹介していますので
是非ご覧になってみてくださいね。

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30