Blog

iPhone画面が浮いてきた!?バッテリー膨張2つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

みなさんは使っているiPhoneの画面がなんとなくパカパカする気がしたことありますか?

今使っているiPhoneがその状態だとちょっと危険かもしれません!

 

実はそれ、バッテリーが原因かもしれませんよ!

 

 

バッテリーが膨張!?

 

iphoneに使われているバッテリーはリチウムイオン電池といって繰り返し充電するのに最適なバッテリーが使われています。

寿命は約2年とされていて、満充電を500回繰り返して本来の80%のパフォーマンスが維持できるとされています。

 

しかし間違った充電の仕方や、間違った使い方をすると寿命が短くなってしまうことがあります。

そして今回紹介するバッテリーの膨張が起きてしまうのです。

 

バッテリーは熱によって膨張してしまうと、液晶が波打ってしまったり、画面が浮いてきてしまったり

最悪な場合は爆発や発火の可能性もあります。

 

 

 

 

写真のようにフロントパネルが浮いてきてしまったり、画面の光が漏れてしまうこともあります。

 

 

このような状態になってしまった場合は修理をすることをお勧めしますが、

バッテリーの交換と、フロントパネルの交換の二つの修理が必要になります。

 

 

では次にこの状態になる原因にを説明します。

 

 

〇充電の仕方が重要〇

 

1.正しい電圧の物を使う

 

 

最近ではiPhoneの充電にまつわるグッツがたくさん販売されています。

 

持ち運び充電器(モバイルバッテリー)は場所を問わず充電することができるため、ここ原宿でも使っている人をよく見かけます。

またiPhoneをドライブ時などに音楽プレイヤーなナビとしても使っている人も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにシガーソケットを使って充電できる充電器も販売されています。

 

 

一見これらは便利なグッズではありますが、iPhoneのバッテリーには大きな負担がかかるためあまりお勧めはできません。

旅行時など頻度を考えてるぶんにはまだよいかもしれませんが、頻繁に使ってしまうと

バッテリーが熱膨張してしまったり、寿命を短くしてしまったり、基盤に不具合を出しやすくしてしまいます。

 

iphoneの充電にかかる最適な電圧は1Aです。

急速充電はこれ以上の電圧を流すものになりますが、本来の速度よりも早いスピードでエネルギーを送り込むと当然障害が出ます。

 

 

 

2充電器を挿したままでの長時間な操作

 

 

充電器に挿したままiPhoneを使っていれば充電の残りを気にする必要がなく

充電が切れて操作できないなんてこととは無縁ですよね!

 

お家にいるときはずっと挿しっ放しにしている方多いのではないでしょうか?

 

充電器を挿したまま、長時間操作し続けると送られてくる電気と消費する電気が合わさるので熱を帯びます。

 

この熱によって、バッテリーが膨張することがあるのです。

 

 

以前、爆発的な人気を集めたポケモンGOのアプリ。

iphoneの画面を常に開いてポケモンを探し回るため、当然のように電気の消費が早くなり、モバイルバッテリーが飛ぶように売れたと言います。

 

しかし、この熱膨張による故障の修理が多かったのもこの時期です。

 

電圧の強い充電器で充電することによって、熱を帯びやすく、さらに常井にiPhoneを開き続けることによって消費もします。

熱によるバッテリー膨張の条件が見事にそろっていますよね。。。

 

まとめ

 

 

バッテリーの寿命はおおよそ2年です。その寿命をめいいっぱい使えるように

普段から充電の仕方を意識してみてください!

 

そして、膨張したiPhoneのバッテリーはそのままにせず、速やかに修理へ出しましょう。

膨張したバッテリーはとても危険です。

 

 

修理の際はぜひ、当店のご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30