Blog

iPhoneが動かない!?フリーズしてしまった時の3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneの画面が動かない!いくらタッチしても何も変わらない!?そんな困ったことになった経験はありませんか?
そう、これはiPhoneがフリーズ(固まってしまう)してしまったからで、時々起きてしまう現象なのです。
とはいえ、「そっかぁよくあることなのか」で済ませられるはずがありません。今日はそんなお悩みをパターン別に解決していきます。

Denys Prykhodov / Shutterstock.com

1、起動アプリでのフリーズ

img_6486

アプリを起動中に何らかの問題で固まってしまった。

この手の問題はよくあります。

対処方は2つ。

ホーム画面を2回素早く押します。

img_1301

すると起動されているアプリケーションが全て出てきますのでそれを上にフリック!

起動しているアプリケーションを一度閉じましょう。

img_1302

次回開くときには再起動になります。

もう1つは

使っているアプリケーションのアンイストール。

アンインストール後はapp storeで再度インストールしましょう。

アンインストールはアプリのアイコンを長押しをするとプルプル震えます。

左上の✖️マークを押しましょう。

img_1303

大抵の場合、同じ端末からでしたらデータも引き継げますのでご安心を♪

念の為バックアップを取ったらい引継ぎコードを設定してもいいかもしれませんね。

 

2、通常状態でのフリーズ

アプリも何も起動していないのにフリーズしてしまったパターン。

ごく稀に存在しますがこの時も対処法は2つです。

1つ目は電源ボタンの長押しです。

一般的に電源を切るやり方です。

長押しをすると電源をオフという画面になります。

この画面になったら右にフリック。

しばらくしてから再度電源を入れましょう。

すると治っている場合があります。

2つ目は強制終了。

ホーム画面と電源ボタンを長押しです。

img_1304

img_1305

5秒以上押し続けると勝手に画面が落ち長押しを続けると

アップルのリンゴマークが出てきて再起動します。

img_1306

以上2点のやり方で通常時のフリーズは大抵解消できるでしょう♪

 

3、何もできない!どのボタンを押しても何も反応しない!

これほど厄介なパターンはないですよね。

電源ボタンの長押しでも再起動のやり方でもダメ。

この時の対処方は1つです。

スバリ!勝手に電池がなくなるのを待つ。

それ以外はありません。

勝手に電源が落ちれば再度充電し電源を入れましょう。

それでも元に戻らない場合は修理屋さんに持っていきましょう。

iPhone本体に何らかのトラブルがある場合が多いです。

ご自分で直そうとすると思わぬトラブルを巻き起こすことになりかねないのでご注意を。

 

本日はiPhoneがフリーズしてしまった時の対処法を3つ紹介いたしました。

最後に簡単にまとめておきますね。

 

1、起動中のアプリケーションが固まってしまったら

ホーム画面を2度押しし上にフリックして閉じましょう。

もしくはアプリケーションをアンインストールしましょう。

 

2、通常時に固まってしまったら

電源ボタンを長押しして電源を切りましょう。

もしくは電源ボタンとホームボタンを5秒間長押しし再度アップルのリンゴマークが出てくるのを待ち再起動しましょう。

 

3、何もできない!どのボタンを押しても反応しなかったら

自然に電源が落ちるのを待ちましょう。

そのあとに充電し再度電源を入れましょう。

それでも電源が入らない場合は修理屋さんに持っていきましょう。

 

ぜひ皆様も試してみてくださいね♪

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30