Blog

寝てる間も安心!指紋認証を不本意に解除しない2つのコツ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneのTouchID機能(指紋認証)が導入され、

パスコードを入力しなくてもホームボタンに指をかざすだけでロック解除することができるのでとても便利です。

番号をいちいち入力しなくても解除できるので便利ですよね。

ただこの機能の一番の欠点は、あなたが寝ている間でも

第三者があなたの指を使ってロック解除できてしまうということです。

 

つまり、とても便利な反面、番号がわからなくても解除できちゃうのです。

 

今回は寝てる間に指紋認証で解除されなくする方法を説明していきます。

 

これで安心!寝てる間に解除されな方法

 

方法1:再起動

 

TouchID機能をオンにしていても、iPhoneを再起動したときはパスコードの入力が初回に限り必要になります。

ですので寝る前に再起動しておくことで指紋認証で解除される心配がなくなります。

 

ちなみにiPhoneの再起動の方法は、以下の通り。

 

1.『スリープボタン』を長押しする

 

2.『スライドバー』を右方向にスライドする

 

 

※数秒後に電源が切れます。

 

3.再度、『スリープボタン』を長押しする

Appleロゴが表示されるまで長押ししてください。

 

※数秒後にアイフォンが起動されて、指紋認証でのロック解除ができなくなっています。

 

これなら無意識に指紋認証をされたとしても

指紋認証でロックが解除されることはありません。

 

 

方法2:登録の場所を変更する

 

指紋認証は5回連続で失敗すると、パスコードの入力が求められ指紋認証では解除することができなくなります。

つまり第三者が5回試すうちに指紋認証の登録をした場所が特定されなければ良いということになります。

 

TouchIDに登録できるのは5ヶ所ですが、ほとんどの方は左右どちらかの親指か人差し指で

登録しているのではないでしょうか。

 

これだと5回試している間にバレてしまう可能性がたかいです。

そんため、第三者が思いもよらないような場所で登録しておきましょう。

 

実は『指紋認証』と言っていますが、登録できるのは指の先だけではありません。

例えば指先よりも少し根元、第1関節や第二関節などで登録することも可能です。

 

個人的におすすめなのは、手の甲側の人差し指や中指の第二関節。

登録もしやすいですし、解除する際にもスマートに解除することができます。

 

 

くれぐれもどこで解除しているのかはバレないようにしてください。

認識範囲が狭いと自分で解除する際にも手間取ってしまうので、あらかじめ認識範囲を拡げておきましょう。

 

いかがでしたか?

ちょっとして工夫で今のセキュリティーをアップすることができます!

気になる方は試してみてくださいっ

 

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30