Blog

うっかり水没!あきらめずにとるべき行動4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

photo

 

 

うっかりiPhoneをトイレなどに落としてしまった!!

みなさんならどんな行動をしますか?

iPhoneをポケット等に入れていたりして、万が一水に落としてしまったら間違えなく焦りますよね!

 

iPhone7に防水機能が搭載され、水没のトラブルは減っていきそうですが意外と7ユーザーは少ないですよね!

今回は水没したときにどうしたら復活の確率が上がるかをご紹介します。

 

 

 

 

photo

 

うっかり水没トラブル!

 

まず水没をどこでしてしまったかは復活できる条件に大きく関係します。

水没修理をして復活できる確率が大いにあるのは不純物のない水であること。

たとえは、海やプールなどには塩分が含まれていたり、トイレで用を足した後であれば尿素が含まれています。

また洗浄剤などが入っていればそれも不純物になります。

 

 

 

まずは絶対に電源を入れないでください

 

これは、電源を入れることで電気が通り水分によってショートしてしまうのを防ぐためです。

電気が通りショートしてしまうと端子が燃えてしまって、機能しなくなってしまいます。

 

水没後画面が暗いからと言って、電源を入れたり充電機につなぐのは大変危険です。

絶対に入れないようにしてください。

 

ドライヤーで乾かす

 

この方法は賛否両論ありますが、中に水分が入ったままでは、カビやさびが増えてしまいます。

それを防ぐために、ドライヤーは効果的です。

またSIMカードも取り出しておきましょう。

 

 

 

 

乾燥剤とジップロック

 

 

乾燥剤とiPhoneをジップロックに入れておきましょう。

応急処置ではありますが、水分を除去するのにはおすすめです。

修理に出すぎりぎりまでは、入れていきましょう。

 

 

 

 

修理に出す

 

これにつきます。

iPhoneが水没してしまっても、時間がたったら使えるようになるパターンは少ないですが

中の状態を見てもらうためにも修理に出すことをお勧めします。

 

水没は時間がたってから、不具合が出ることが多いからです。

 

お店によって水没修理の内容が異なりますが、当店では基盤と呼ばれる部分のサビやカビを取り

特殊な機械に入れて細かい汚れまでしっかり洗浄した後、再び組直しての修理です。

基盤にはデータ等を管理したり、各パーツに信号を送る働きがあります。

 

そのため、iPhoneには欠かせないもので重要なパーツです。

しっかりと基盤を修理してあげることによって、水没してしまっても使えるようになるのです。

 

 

また、水没してしまってから修理に出すまでは早いほうが復活率は上がります。

万が一落としてしまったら、日にちを開けずに速やかに修理に出しましょう。

 

また早めの修理なら海水などでも復活する見込みは充分にありますよ!

 

 

 

まとめ

 

万が一水没してしまったら、どこにいつ落としてしまったかが重要です。

 

壊れたかどうかを確かめるために、まずつくかどうか心配になる気持ちはわかりますが

電源は絶対に入れないでください。

 

また、速やかに修理に出して様子を見てもらいましょう。

 

水没修理がしっかりと行えれば、中のデータはそのままの状態で戻ってきます。

 

 

あきらめずに、まずは試してみましょう。

 

 

当店では、水没修理も行っております!

修理時間はおおよそ2時間です。

 

 

ぜひお任せくださいませ!

 

 

 

 

 

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30