Blog

高温に注意!iPhoneが熱で起こりうる不良

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

photo

 

 梅雨が明け、暑い夏の到来です!

この暑さでも原宿は多くの人で賑わっています。

 

実はiPhoneにも適温があるのをご存知でしょうか?

 

 

 

意外と知られていないiPhoneの最適温度とは?

 

 

 

 

これからの季節、天気がいいなかドライブに!と車で移動したとします。

うっかりiPhone車内に忘れてしまって熱くなってた経験ありませんか?

 

iPhoneは0° ~ 35℃で使用するのが良いとされています。

また長期間保管するのに最適な気温は-20° ~ 45°とAppleでも公式に推奨されています。

 

 

1iPhoneが高温になると…

 

 

 

iPhoneの中が高温になり、私たちが持って熱く感じるときは

 

  1デバイスをはじめて設定するとき

  2バックアップから復元するとき

  3App でインデックスが再作成されたりデータが再分析されているとき

 

です。これらの動作の最中はiPhoneの中のコンピューターがフルで動いているために熱は発せられ、熱を帯びるのです。

 

 

2高温になりやすい時

 

iPhoneは情報を処理するときや充電をしていると熱を発します。

例えば、

・充電しながらゲームや動画を楽しむ

・暑い日に車内に置き去りにする

・直射日光の当たるところに長時間おいておく

 

などがあります。

 

このようなことをしているとiPhone内に熱がこもり、通常通りの動作をしてくれなくなることがあります。

 

 

高温が原因で起こる症状

 

①iPhoneが一時的に使用できなくなる

 

 

みなさんはこの画面見たことはないでしょうか?

これはiPhoneが高温になった時にiPhoneが警告する画面です。

 

この画面になると、一時的にデイバスが停止してなにもできなくなります。

 

私が経験した場面は炎天下の体育祭で動画を撮っていた時です。

この画面になると動画どころか何もできなくなります。

 

 

何も操作ができなくて故障を疑いますが、ある程度の温度に下がると何事もなかったかのように

使用できますのでご安心を。

 

 

対処法としては、炎天下の時は何か日陰を作ったりこまめに使うことです。

 

 

②ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる

 

突然この症状になる時こそ焦りますね。

 

 

ですが、先ほど紹介した表示がないだけで原因等は同じです。

できるだけ涼しいところにおいて様子を見ましょう。

 

 

 

③低電力モードになり、電波が弱くなる

 

これは熱くなったiPhoneができるだけ内部の温度をさげようとコンピューターの動きを最小限にするためです。

 

 

 

低電力モードは充電の残りが少なくなった時にも作動します。

 

④カメラのフラッシュが一時的に無効になる

 

強い光を発光させるには、その分エネルギーが必要になるため一時的に無効になります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?これからの季節外でiPhoneを使用していると起こりうる症状ですが

頻繁にこの症状が出るときは基盤やバッテリーの寿命を早めますので注意くださいませ。

 

直射日光の当たらないように日陰を作って使用しましょう。

 

また、iPhoneケースにも熱のこもらないものの使用がお勧めです。

 

 

 

当店ではこれは故障?にもお答えします。

気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

 

 

 

 

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30