Blog

Wi-Fiに不具合?4つのアクションで解決! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段iphoneを携帯電話回線ではなく、無線LANルーターやモバイルルーターを介してWi-Fi接続でネットに繋げている人はかなりいるようですね。最近は、外出先や職場だけでなく、自宅でもWi-Fiを利用する人が増えています。

これって故障かな?

しかし、いきなりWi-Fiに接続できなくなった経験はありませんか?繋がらない場所だと思ってあきらめていたら急に繋がったり、これで大丈夫と思ったら、また突然繋がらない状態に戻ってしまったりなどと言うこともあります。

原因がわからない上に、どうすれば接続できない状態から解放されるのかもわからない。

そこで、Wi-Fiが突然繋がらない状態になった時に、やってみるとうまく接続できるようになるかもしれない方法をいくつかご紹介します。

1:Wi-Fi機能を一旦オフにしてみる

まずは、iphoneの設定が機内モードになっていないか確認してみましょう。意外と、気づかないうちに機内モードがオンになり、そのために接続できない状態になっていることがあります。

そのようなことがないということを確認したら、設定のところからWi-Fiの項目を見て、一旦オフにしてからもう一度オンにしてみましょう。これで繋がることもあるのです。

2:電波を拾えているか確認してみよう

 

image1-3

まず無線LANルーターの電源がきちんと入っているか調べてみましょう。そして、もし入っているなら、一旦無線LANルーターの電源を切って入れ直してみましょう。それだけで接続できない状態が改善することもあります。

職場の無線LANルーターの場合は、とりあえず周りの人たちにも同様の症状が出ていないか確認してみます。それでもし同じ症状を訴えている人が複数いるのであれば、職場のWi-Fi環境に問題があると言えます。

iphoneでWi-Fiの電波が検出できなくても、それ以外のデバイスでは検出できていることもあります。他のデバイスでは繋がるのか繋がらないのかきちんと確かめてみましょう。そうすることで、iphone自体の不具合なのか、無線LANルーターの不具合なのかを見極めることができます。

3:iphoneを再起動させてみる

iphoneを一旦再起動させてみるということは、Wi-Fi以外の不具合でもよくやることです。iphoneの調子がイマイチというときは、一度はやってみておいた方がよい手段です。

image1-2

4:ネットワークの設定を一旦削除して再設定する

いつも利用しているWi-Fiが検出できていながら接続できない状態になっているのであれば、一旦そのWi-Fiの設定を削除して、再度設定し直しましょう。リセットをかけてまた設定するときには、パスワードが必要になることがあります。検出されたWi-Fiに鍵マークが出たら、パスワードが必要です。

逆に、いつも利用しているネットワークが検出できないときは、一度ネットワークをリセットしてみます。ただし、「ネットワーク設定のリセット」を行うとネットワークに関するパスワード等がすべて消えるので、再度設定するときには、パスワードも再入力が必要です。

image1-4

このようなことを試した上で、iphoneだけが正しく電波を拾えていないことがわかったら、iphoneのWi-Fiのアンテナが何らかの原因で故障している可能性があります。修理してみてください。

いかがでしたか。Wi-Fiがあると普段よりも快適な通信環境でネットを楽しむことができます。

・Wi-Fiの機能を一旦オフ

・電波の確認

・iPhoneを再起動

・ネットの設定を消去して再設

もしもWi-Fi環境に違和感を感じた時は試してみてください。

 

 

そしてWi-Fiアンテナ、当店で修理ができます!

時間はおおよそ1時間前後ですので、上記に方法でも解決しない場合はぜひお持ちよりくださいませ。

原宿でお待ちしております^^

役に立ったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Instagram

Cannot get other user media. API shut down by Instagram. Sorry. Display only your media.
03-6804-2575 お問い合わせ・修理のご予約

受付時間:10:30〜20:30